I have a PEN   E-PL7登場(._.)

LUMIX GX7 20mmF1.7
b0319266_17353169.jpg
b0319266_17353300.jpg
b0319266_17353577.jpg
公私共に忙しく、ブログの更新も出来なかった。
のであるが、なぜかその間に新しいカメラだけは買ってしまった。
笑うなら笑え。
蔑むのならお好きにどうぞ。
そうです私は物欲の虜です。


ま、要するにEVFの乗っかっていないE-M10である。
電子ダイヤルは一個しかないけど、特に不自由を感じない。
AEでしか使わないしね、ほとんど。
E-M10よりちょっと軽い。
そして、自分撮りの出来るチルト式液晶画面を持つ。
これはなかなかの優れものである。
が、私は自分撮りなどしない(^_^;

ところでこの可動式の背面液晶(LV)というのには、二つの方式がある。
僕は圧倒的に上下パカパカ式(チルト方式)の信奉者である。
しかしである。
どうも世間の評判は、なぜかしら、バリアングルとか言う横開きにしてから再び上下に動かすという、一手間かかる方式が人気のようである。
ううむ。
手持ちスナップ撮るとき、もたもたしてるとシャッターチャンスを逃してしまうと思うんだけどなあバリアングルって。

この辺り、造りをもっと工夫して、上下パカパカ式のチルト画面としても使えるし、横開きのバリアングルにもなるっていう風にはいかないんだろうか?
ソニーのAシリーズなんか、そんな設計だと思うんだけど。
今度出るペンタックスのライカ版フルサイズ機には、画期的な機構が採用されるって噂ありますけどね。

PENが良いのは、電源スイッチが軍艦部の右手側にあるのである。
しかもボタンをポチッと押すと、即動き出す。
E-M10は右手下側のレバーだし、E-M1は軍艦部左側のレバーである。(OM-1の露出計スイッチのそっくりさん)

普通に右手でボタンをポチッとするのが一番使いやすいんだけどなあ。
というか、なぜ機種ごとでこんなに操作系が違うのだオリンパス?

写りはE-M10とほぼ同じである。
Jpegで撮るとき、ナチュラルではちょっと色味が薄すぎるので、僕はナチュラルの設定で彩度だけ1段上げている。
むろん、Rawで撮れば後でなんとでもなる。

銀地に黒革というのはいかにもクラッシックでなかなか郷愁を誘うものがある。
こういうデザインが若い女子にも好まれるというのがおじさんは嬉しいのである(^_^)

E-PL7 14-42mm EZ  @淡路島
b0319266_17424833.jpg
b0319266_17424023.jpg
b0319266_17423897.jpg
b0319266_17423532.jpg
b0319266_17423101.jpg
ところで、短期間にマイクロフォーサーズ機がついに5台目となった。
我ながら笑うしかない。
家中カメラだらけで家人にもあきれられているので、近いうちに身辺整理を行おうと思っている。

たぶん。
一眼レフが、ニコン・キヤノン・ペンタックスと三系統もあるというのはどうも・・・

キヤノン機はドナドナすることになると思う。
(>_<)/~~




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
よかったらポチってください(._.)


[PR]
トラックバックURL : http://mzdog2.exblog.jp/tb/24299437
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mzdog2 | 2015-03-29 17:47 | 喫茶室(写真機の話.etc) | Trackback