一眼レフの未来   70D

EOS 70D EF-S18-55mm/f3.5-5.6 IS STM
b0319266_20574183.jpg
b0319266_20575790.jpg
b0319266_20575982.jpg
土日になると天候が崩れるのはなぜだろう?
土日になると僕の体調が崩れるのはなぜだろう?
この両者には因果関係があるのか?

最近ミラーレス機ばかりを使っているせいか、一眼レフを持つとやけに重く感じるのはどうしたことだ!
画像をチェックするとき、ファインダーを覗いて画像が映ってないことに驚くのはどうしたことだ!

いや、まじめな話、一眼レフに未来はあるのであろうか?

僕は小型の一眼レフが好きなのである。
昔のOM-1やペンタMEスーパー、ミノルタXDみたいなの。
ライカ版フルサイズの素子と大きな光学ファインダー、そして軽量小型のボディ。
これをデジタルで実現してくれれば何の問題もないのである。

しかし。
ま、無理だろうなあ。

中途半端な光学ファインダーならEVFの方がよほど気分がいいってのはあるしね。

ところで、ミラーレス機のバッテリーはどうしてみんなそろいもそろって容量が少ないのであろう?
E-M1なんか、BG用意するのならせめて単三も使用できるようにしたらよかったと思うのである。

70Dはボディの重さが680グラムほどしかない。
(バッテリーの重さを入れると後100グラムほど増えるのか?)
おそらくペンタプリズムを搭載している一眼レフとしては軽量小型の部類である。
しかも付けているレンズはプラスチックマウントの重量200グラム以下(だったよね?)のお手軽ズームである。

しかし、ミラーレスに比べるとでかいし重い。

ううむ。


以上、戯れ言でございます。




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
よかったらポチってください(._.)


[PR]
トラックバックURL : http://mzdog2.exblog.jp/tb/25112745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mzdog2 | 2015-11-22 21:13 | 喫茶室(写真機の話.etc) | Trackback