モノクローム .etc   X-T10

FUJIFILM X-T10 XF18-55mmF2.8-4 OIS
b0319266_20293046.jpg
フィルムシミュレーションのモノクロームで撮る。
最初からモノクロに設定しておいて撮る。
なかなかよく写る。

今まで撮影後にレタッチでモノクロにしてたけど、はじめからモノクロ設定のJpegで撮るのも面白いと感じた。
だってフィルム時代はそうだったのものね。
モノクロフィルムなら当然はじめからモノクロ。

ところで、X-T10にはボディとPCをつなぐケーブルが付属していない。
こないだ電気屋に買いに行ったんだけど、まちがってミニUSBケーブルを買ってしまった。
ううむ。
それなら持っていたのである。
買わなければならないのは、マイクロUSBだったのだ。
アンドロイドスマホを充電するときなんかに使うやつね。

それに、三角環が付いていない。
X-T10には。
同梱されているのを自分で取り付けるのである。
ううむ・・・

それにしてもである。
ストロボ内蔵のペンタ部(もどき)なんだけど、平ぺったくてとてもストロボ内蔵には見えない。
この辺は他のメーカーもマネして欲しいよなあ。

AFは結構快適である。
ソニーといい、オリやパナといい、フジといい、普通にスナップ撮っている分には何の痛痒もない。
おそらく子どもの運動会ぐらいなら全く問題なかろう。
むろん、激しい動きモノを撮るときや、カメラに絶対的な信頼感を求めるときはレフ機の出番である。
しかしやねえ、普通に街中でパチパチ撮る分には、ホント、ミラーのないカメラは便利である。

キヤノンも次の次ぐらいからKissをミラーレス化するなんてことになるかも。
ま、レフ機が快調に売れている間は無理だろうけど。

OM-D E-M1 M.ZD 12-40mmF2.8 PRO
b0319266_21314383.jpg
ところで、レリーズボタンが小さくて感触が良くないのでレリーズにつけるボタンみたいなヤツ。
なんて言うんだったかなあ。
レリーズボタンでいいのか?
それ買っちゃいました。
1000円ほど。

後、ストラップも添付されているのがしょぼかったので、新しいのを買った。
1700円ほどだったかなあ・・・覚えてないけど。

さらに(^_^;写真ではよく分からんと思うけどハンドグリップちゅうのを買った。
これは高かった。
一万円以上した・・・・・・・・・(;.;)
確かに金属製で高級感はあるけどね。
カメラは握りやすくなるし。
でも高い。

b0319266_21314640.jpg

それやこれやで金かかるよなあ。
レフ機用のレンズだとかいくつかドナドナするかもしれん。





にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
よかったらポチってください(._.)


[PR]
トラックバックURL : http://mzdog2.exblog.jp/tb/25179141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mzdog2 | 2015-12-14 21:42 | 喫茶室(写真機の話.etc) | Trackback