ヴィンテージ   GX7 Mk2

LUMIX GX7 Mk2 20mmF1.7   @萬福寺
b0319266_19203389.jpg

b0319266_21170014.jpg

家の中にあるカメラがマイクロフォーサーズばっかりになってきた。

ホントはもう少し素子の面積が大きくてもいいかなと思っているのである。
APS-Cとかね。
むろん、ライカ版フルサイズとか。

しかしである。

なぜ、こうしてマイクロフォーサーズばかりが増殖するかというと、僕にとって魅力的なカメラが、つまり小さくて操作性のよいレンズ交換式のカメラが、もちろん写りもよくて、ついでに言うと銀塩カメラを触っているような錯覚を抱かせてくれるカメラが、マイクロフォーサーズにしかないのである。

こまったものである。

キヤノンがEOS M5というのを出すみたいで、僕は期待しているんだけど、なんだかやっぱりカメラとしてはパナのG8の方が魅力的な気がする。
いや、どちらも実物触ってないので断言はしませんけどね。

ところでネット上の噂によると、ペンタックスが「ヴィンテージなミラーレス」というのを開発中らしい。

ヴィンテージミラーレス?!

おお、僕がかねがねこのブログで提案していた、銀塩時代のMEスーパーみたいなカメラか。
(世間的にはLXの方が人気かもしれないけど)

いいっすねえ。

ただ、マウントはどうするんだろう?

K-1出したばかりでフルサイズのレンズを充実させないといけないだろうし、Qシリーズもあるのである。
この上、ミラーレスのために新しいマウントを用意するのは大変だろうペンタックス、というかリコー。

K-01みたいにKマウントのままでミラーを出すんだろうか?

さえないなあ・・・
ニコンのDfみたいな感じで、いくらデザインがアナログ風でも、カメラに厚みがあるのである。
そりゃそうだろう。
マウントを変えなきゃ、フランジバックが短くならない。
その上、受光素子と背面の液晶を備えないといけない。
結果、ごろんとダルマみたいな厚みができると。

ううむ。

ここはペンタにも是非是非、我がマイクロフォーサーズ陣営に参加して欲しいのである。
そうすればだよ、MEスーパーそっくりのカメラ本体とレンズ2~3本(標準ズーム・望遠ズーム・パンケーキ)だけ出しとけば、後のシステムはすでにそろっているのである。

むろん独自マウントを出してもいいけど、そこまでの体力ないと思うんだよなあペンタックス。

リコーの幹部、このブログ見てるかなあ・・・・・・(^_^;



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
よかったらポチってください(._.)


[PR]
トラックバックURL : http://mzdog2.exblog.jp/tb/26227535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mzdog2 | 2016-09-26 19:24 | 喫茶室(写真機の話.etc) | Trackback