人力車夫   α6000

α6000 E PZ16-50mm/f3.5-5.6 OSS   (クリックで拡大)
b0319266_5432797.jpg

b0319266_5433528.jpg

僕は一度も人力車というのに乗ったことがないのである。

身長より若干視点が高くなるから、普段とはちょっと違う景色が見えるのかなあ。

しかし人力車を引っ張るにいちゃん大変である。
この人達バイトかなあ?

客引きもしないといけないし、観光ガイドも同時にこなしている。
ご苦労さんなこってす。




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
よかったらポチってください(._.)
[PR]
by mzdog2 | 2014-05-15 05:45 | スナップ 京都

坂道にて   α6000

α6000 E PZ16-50mm/f3.5-5.6 OSS   (クリックで拡大)
b0319266_2221279.jpg

b0319266_22213694.jpg

私が水平をとれないわけではない。
坂道に立っているのである。

@清水坂




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
よかったらポチってください(._.)
[PR]
by mzdog2 | 2014-05-12 22:23 | スナップ 京都

売り子の憂鬱   α6000

α6000 E PZ16-50mm/f3.5-5.6 OSS   (クリックで拡大)
b0319266_6143213.jpg

お客が多いのは忙しくて大変だけど、少ないときも退屈で困るのよ。

って、カメラを構えたおじさんはちりめん山椒買いそうには見えませんか。
あそうですか。
実際買ってませんけど(^_^;

ところでSONYはNEXブランドをやめてαブランドに統一するみたいである。

α5000とα6000・・・・

ちゅうことは、シャッター速度を1/8000にして金属外装のα7000と廉価版のα3000もその内出るっちゅうことでしょうか?

α7000・・・・懐かしい(^_^)

一眼レフもどきスタイルのα7の廉価版α5なんてのは出ないのだろうか?
フルサイズかAPS-Cか分からんけど。

α77の後継機が出たみたいだけど、将来的にはA系統は廃止されるのであろうか?

謎は多い。


α6000のAE、露出は常に明るいめに出ますね。
撮って出し。




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
よかったらポチってください(._.)
[PR]
by mzdog2 | 2014-05-11 06:22 | スナップ 京都

てれちゃうよ   α6000

α6000 E PZ16-50mm/f3.5-5.6 OSS   (クリックで拡大)
b0319266_7335232.jpg

b0319266_734054.jpg

b0319266_734753.jpg

ろくろを回す外国人観光客。

ウインドウのすぐそばの席だったから道行く人がみんな物珍しげに覗いていく。

ちょっと照れておりました。




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
よかったらポチってください(._.)
[PR]
by mzdog2 | 2014-05-10 07:35 | スナップ 京都

新緑   α6000

α6000 E PZ16-50mm/f3.5-5.6 OSS     (クリックで拡大)
b0319266_21474787.jpg

b0319266_21475648.jpg

b0319266_2148510.jpg

b0319266_21481575.jpg

良い趣味だよなあ絵を描くのって。
チョロスナ撮りなんかよりよほど上品である。

ところでE-M10もそうだけど、このα6000も露出は正確である。
分割測光のAE。
ニコン的な感じ。

というかキヤノンがスポット測光的すぎるのか。




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
よかったらポチってください(._.)
[PR]
by mzdog2 | 2014-05-08 21:50 | スナップ 京都

舞妓は~ん   α6000

α6000 E PZ16-50mm/f3.5-5.6 OSS   (クリックで拡大)
b0319266_21212659.jpg

b0319266_21213484.jpg

b0319266_21214771.jpg

観光日和である。
五月晴れとはこの日のことか。
そしてなぜか女子は和服にあこがれる。
あっちもこっちも舞妓さんである。
女性フォトグラファーはEOSとレフ板を手に大忙しの様子でした。




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
よかったらポチってください(._.)
[PR]
by mzdog2 | 2014-05-07 21:24 | スナップ 京都

α6000 推参(._.)

α6000 E PZ16-50mm/f3.5-5.6 OSS   (クリックで拡大)  全くのJpeg撮って出し
b0319266_14333172.jpg

b0319266_14333914.jpg

b0319266_14334781.jpg

E-M10を購入して以来、一眼レフを妙に重く感じ始めた私は、思うところあり、またしても新しいカメラを買ってしまった。

α6000でございます。

久しぶりぶりのミノルタ・・・じゃなかったSONY機である。

銀塩MF時代はX700とXDのコンビを長らく愛用していたのである。
28mmを付けたX700と50mmを付けたXDを両肩に提げてぶらぶらスナップしていた。
懐かしい・・・・・・

な話はともかく。

APS-Cのミラーレス機を買おうと思って、一番の候補は富士フイルムのX-T1なんだけど、メチャ高い。
フルサイズ機のα7が買える値段ではなかろうか?

ということでα6000である。


EOS 6D EF28-105mm/f4-5.6
b0319266_14345634.jpg

b0319266_1435492.jpg

b0319266_14351238.jpg


SONY機は従来操作性がイマイチとの噂があり購入を躊躇する要因となっていたんだけど、さすがにα6000は改善されている。

二つのカスタムボタンに自分の好きな機能を割り当てられるし、二つのダイヤルのどちらか(あるいは両方)を回して露出補正を一発でかけられる。

EVFはすこぶる見やすくて感動ものである。

写りは・・・アルファらしいあっさり・すっきりした発色である。
なかなかよろしい。
こってり好きの人にはちょっと設定変更が必要かもしれないけど。

後、AEは正確だけどAWBはやや不安定になるときもある。
ややって程度だけどね。

グリップはしっかり握れるし、本体だけで285グラムという軽さである。
200グラム台だよ(^_^;
E-M10でも確か340グラムぐらいあったのである。

キットで付いてくるレンズは PZ16-50mm/f3.5-5.6 OSS ってやつで、これまた100グラムちょっとしかない。
パワーズームの繰り出し感がなかなかの出来映えである。
それに16mm始まりってのが良いでしょう?!
換算24mm相当。

むろん背面の液晶はチルト式である。
ウエストレベルの撮影も簡単にできる。

ただ4/3と違ってあんまり寄れない。
APS-Cだからね。
その代わりそれなりに背景はぼける。

しかし、SONYのEシリーズマウントって、レンズのラインナップがあんまりそろってないんだよね。

その辺りの面白さは4/3が一歩も二歩も進んでいる。

ええっと、後は・・・

秒間11コマだったかの高速連写が可能である。
使わんけど(^_^)

本体はまるっぽプラスチック製である。
安っぽいって言う人が多いみたいだけど僕は全く気になりませぬ。
むしろ中途半端に金属使うより潔くて良いのである。

以上、ファースト・インプレッションってことでした。




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
よかったらポチってください(._.)
[PR]
by mzdog2 | 2014-05-06 14:35 | 喫茶室(写真機の話.etc)